加入の際は健康状態を正直に告知することが大切

サイトメニュー

治療中でも加入可能な商品

診察 うつ病は保険の加入を断られやすい病気の一つですが、5年以内に治療を受けていない人は入れることが多いです。治療中の人が加入する際は、引受基準緩和型や無選択型の商品を選ぶと良いです。ただし、保険料は割り増しになるなどのデメリットはあります。

詳しく見る

治療と生活維持の2段構え

ハートと聴診器 うつ病は軽視できず、働けなくなるリスクもあります。専門科で治療するにも、保険が備わっていれば安心で、加入する方法はアドバイザーが担ってくれます。もちろん、会社員から個人事業者、専業主婦も対象で、手厚いカバーが期待できます。

詳しく見る

労務できない時の保障

女性 治療が長引いて労務できない時に魅力的なのが就業不能保険であり、受給条件を満たせば仕事ができない期間の生活費を保険金でカバーできます。そして、うつ病対策として就業不能保険に加入する場合は、うつ病に対応する商品を探して契約するのが肝心です。

詳しく見る

心の病気も年金受給の対象

悩む女性 日本には年金制度があるので、保険料を支払っておくことで、うつ病と診断されたときに障害年金が貰えます。病院の初診日の前々月まで保険料を全額納付しているか、または3分の2を納付していることが障害年金を受給する要件です。

詳しく見る

申し込み方法や種類

医者 うつ病の治療をしている人は一般的な医療保に入れませんが、告知不要の引受基準緩和型医療保険には加入可能です。定期型は契約期間が決まっており、自動更新時には値上がりする、終身型は契約当初の契約内容と料金で一生涯を保障するという特徴があります。

詳しく見る

将来の病気や怪我に備える

悩む男性

引受け基準緩和型に注目

怪我や病気をした際は多くの治療費が発生することもありますが、そうした場合も医療保険や生命保険に加入しておくと安心して治療に専念することができます。将来に備えて申し込みをする人も多くなっていますが、保険は申し込みをすれば誰でも加入できるというわけではありません。保険の申し込みの際は現在の健康状態がチェックされることがほとんどです。申し込みの際は告知書の提出や医師の診査があり、健康に問題がないと判断されるとスムーズに加入できますが、健康状に問題があると判断された場合は加入を見送られる可能性が高くなります。身体には特に悪いところはなくても、精神的な疾患で加入できないという人も少なくありません。うつ病は精神疾患でも代表的な病気ですが、こうした病気があるために加入を見送られた経験のある人もあるのではないでしょうか。加入したいがために虚偽の告知をすることはトラブルにつながりますので、告知は正直に行うことが大切です。そして、うつ病の人にも加入しやすい保険もありますので、種類や特徴はよく理解しておきましょう。
うつ病の人にも加入しやすいタイプもありますので、まずは情報をしっかりと集めてみましょう。現在はガンにかかることは珍しいことではなくなり、それに備えて加入する人も多くなっています。ガンに特化したガン保険も人気がありますが、この場合であればガンにかかった経験のない人や健康診断などで特に異常が見つからない場合は加入できることも多くなっています。それから、引受け基準緩和型と呼ばれるタイプもあり、これはその名前の通り、申し込み時の健康状態の基準を緩くしており、既往症のある人も加入しやすくなっています。とはいえ、こうした保険も2年以内に手術や入院をしている場合は加入が難しくなりますので、条件もしっかりと確認しておきましょう。人によっては引受け基準緩和型でも加入できないこともありますが、だからといって全ての保険に加入できないわけではありません。無告知型の場合はそもそも申し込みの際に告知をしないので既往症のある人やうつ病のある人も加入しやすくなっています。そのかわり保険料が割り増しされていたり、保障に制限もあったりしますので、保険料や内容はよく確かめておきましょう。