加入の際は健康状態を正直に告知することが大切

サイトメニュー

治療と生活維持の2段構え

ハートと聴診器

治療に専念できる

誰もが何かしらのキッカケで、精神疾患にかかるリスクが少なからずあります。そのような中で、精神科・心療内科にて、うつ病の治療を行う患者も少なくありません。社会影響をダイレクトに受けやすいサラリーマンうつ、さらに経営難などから発症する自営業者のうつ病も問題化しています。サラリーマンならば、傷病手当金と就業不能保険や障害厚生年金という3段構えで、就労困難な時期をカバーできます。しかし、個人自営者にとっては傷病手当金は受給されず、障害年金も申請できるようになる1年6ヶ月後に受け取れるシステムです。その間をどのようにしてカバーするのか、そこを考え方なければなりません。だからこそ、就業不能保険がカギを握ります。保険会社によって精神疾患を除外する商品もあるため、まずは保険アドバイザーに相談しましょう。うつの治療費をカバーする商品、寝たきりなど常時介護が必要になるなら、死亡保険にも加入しましょう。他にも、うつ病発症のキッカケがマイホームを購入したことであれば、団信でカバーするのもアリでしょう。
うつ病の症状には、意欲的になれずに仕事も休みがちになり、心身ともに休養が必要になることも少なくありません。精神科・心療内科が専門の治療科で、患者の病態により一時入院を提案し、抗うつ剤などによる薬物治療を行うこともあります。ですから、入院費もカバーする商品に加入するため、生命保険会社から資料を取り寄せ、契約を交わしましょう。ちなみに、会社から解雇される場合には役職などによって退職金も受け取れますが、自己都合による退職では失業保険をもらう手続きが必要です。中には傷病手当の対象になってしまったり、専業主婦となれば生命保険に加入する方が得策であったりする場合もあります。申請手続きでは、ハローワークのインターネットサービスを活用したり、窓口にて申請方法を教えてもらったりして、失業認定を受けましょう。ちなみに、失業保険の申請を行うなら、特定理由離職者に認定される方法も選んでみましょう。うつ病、妊娠、通勤困難などの条件が該当するので、証明できる病院の診断書をハローワークや生命保険会社へ提出するだけです。