加入の際は健康状態を正直に告知することが大切

サイトメニュー

心の病気も年金受給の対象

悩む女性

精神疾患でも年金が貰える

日本には国民年金や厚生年金保険の制度があり、うつ病の場合も障害年金の受給対象になります。会社員は厚生年金保険に加入しているので、病院でうつ病の認定を受けたときは障害年金の受給が可能です。フリーランスや自営業者、フリーターなど障害基礎年金に入っている人は、1級や2級の認定を受けると年金が貰えます。うつ病で年金が貰えるかどうかは、症状ごとに認定基準が定められており、審査によって決定します。厚生年金保険の加入者は障害基礎年金とは異なり、等級が3級までの人が年金を受給する資格があります。貰える可能性のある年金の種類は、精神科の初診日の時点で入っている年金が適用されます。年金の種類によって受け取れる金額にも違いが出てくるので、自分はどの年金保険に加入しているのか知っておくと良いです。障害厚生年金ならば、1か月あたり5〜12万円ほどの範囲で受け取れます。年金を受け取るには申請する必要があり、医者の診断書を取得することが条件です。診断書の他にも提出する書類に必要事項を記入することや、住民票などの書類を揃えて手続きを行います。
病院の精神科でうつ病と診断されれば、年金保険が適用されて障害年金を貰えます。障害年金を受給するには、年金の保険料の納付が必要です。年金保険が適用される条件は主に2つあります。1つは病院で診察を受けた初診日の前々月から、直近の1年間にわたって全額の保険料を納付していることです。もう1つは初診日の前々月の段階で、保険料の3分の2以上を支払っていることです。これらの条件を満たしていれば、うつ病の診断を受けて必要な書類を年金事務所に提出することで認められます。20歳になる以前の段階でうつ病を発症した場合は、すでに就職をして厚生年金に加入している人を除いて納付義務はありません。自分の年金の種類や、支払っているかどうかわからない場合には、各都道府県の様々な場所に設置されている年金事務所に問い合わせをして確認しましょう。特定の会社に継続して就職していない人は、自分自身の要件を把握しにくい状態にあるために確認が必要です。障害年金の2級以上の認定を受けた人ならば、国民年金の法定免除を申請することで障害年金を受け取る権利を取得できます。